カタログギフトは贈る側と贈られる側の両方が満足できる

感謝の気持ちを伝える方法は様々ですが、お世話になった方々にはギフトを贈るのが定番です。ただ親しい間柄ではなく、いわゆる知人の関係位だとどういったギフトを贈れば喜ばれるか分からないものです。せっかく苦労して贈り物を渡しても、相手のリアクションがいまいちでは贈った側も辛い気持ちになりかねません。世の中には色々な贈り物がありますが、カタログギフトがベストです。カタログから自分の好きなアイテムを選ぶ事が出来るので、贈る側は相手の趣味嗜好についてよく知らなくてもOKです。贈られた側も、自分たち家族が今本当に欲しい雑貨やグルメなどを柔軟に選ぶ事が出来ますので、カタログギフトなら両者とも変に気を遣う必要もなく、満足行く結果になります。

貰う側の負担がないのもカタログギフトの利点

カタログギフトの利点として大きいのが、貰う側の負担がない点です。贈り物の定番であるコーヒーセットやビールセットなどは、持ち帰るのが大変です。貰う側からすると、コーヒーやビール自体は嬉しくても遠くの自宅まで重たい荷物を持ち帰るのが大変という気持ちになります。一方、カタログギフトなら一般的な雑誌と変わりありません。貰う側も特別な鞄やマイカーなどがなくても、気軽に持ち帰れます。

さらに自宅に持ち帰った後もカタログギフトなら普通の雑誌感覚でリビングの机などに置いておけます。家族みんなでワイワイ盛り上がりながら、どのアイテムにするか決められます。選んだ後、カタログギフトは不要になり、普通の雑誌同様に気兼ねなく処分できますので、最初から最後までもらった側が気を使わずに済むのが大きなメリットです。